台風一過

台風の跡をいまテレビで見て驚く次第ですが、皆さんに被害がないことを願っています。


台風準備の中 救急車に乗ってER入ってICUから救急病棟と人生新たな経験を積んで戻って参りました。
加圧された酸素マスクの元では暴風の音も聞こえず、当日はICUの中も看護師さんが少ないなあと目に入れてました。
繋がれた管はすべてシステム管理でコールする前に人がやってくる というのと ICUって なんでもここでされちゃうのね と その中で他人の最後の声を聴きながらの不安を味わいました。

今回は娘が大活躍をしてくれました。もつべきものは 子どもだな と思いました。
ピーポー音のBGMの中 急いできてください という救急隊の電話に対応するのは 私でも動揺するな と思いましたがすぐに駆け付けて対応してくれました。仕事も忙しい中感謝しかないです。

主人も仕事しながら合間に来てくれました。動ければ何でもないことですが動けないので病院も患者も家族に頼むしかないのですよね・・・

病室では電話はかけられないけれど ラインとメールはOK なのですが、高齢者簡単スマホを持っていても ラインやメールはできない方が多く早めにラインを使えるようになることを身近な高齢者に教えたいと思いました。

台風一過の涼しくなったころに帰ってきてこれからのことや 
娘のこと 主人のこと自分の性格(笑) 自分の考え方(笑) などストレスのない生活を求めないとなりません。


皆様もどうぞ ご自愛ください。