低迷中

簡単な検査では判明しないので 全身麻酔による内視鏡と細胞を採取したいが念のために それができる心臓かどうか検査したい という某大学病院の決定で2月中は検査 検査 でした

そこまでの経過を20日にかかりつけの循環器科に今こうなっています と報告したら いやあ 全身麻酔は無理でしょう というのだけど それを どうやって某大学病院に説明しようか と考えながら 結果をきく28日がやってきました

28日に 診察室に入ると
娘より若い綺麗な女医さんが 目をそらしつつ
思ったより心臓が悪くて 全身麻酔はできません。 といったので
ああ よかった 自分からかかりつけの医師はこう言ってる というのを言わないですんだ と
でも それと同時に
どんだけ 悪いんだ 私の心臓 となって青くなってしまった (笑)

今の状態は異常があるけど痛くもないし なにかの影響がでているわけではない
そのために 心臓に負荷をかけてまでの検査を するのに 意味があるのか というのが 女医さんの見解 (笑)

じっとする おとなしくする 寝る くらいしか ないのかな (笑) (笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です