お猫様はおりこうさん

常日頃 犬は人間に従順すぎて切なくなるから飼いたくても飼えないと思うのですが、うちのお猫様も最近 すごく切ないことがありました。

1週間くらい前にトイレでは無い風呂場の前に初めてうんちをしていたのです。
ここはきちっと怒らないといけない、と横目でうんちを片づける主人をみているお猫様を現場まで連れて行きここでしたらダメでしょと叱りましたが、怖かったのか私をひっかいて逃げました。私の頬に傷ができたこともあって主人が追い打ちをかけて叱ったら、自分のベッドの陰に隠れてしまいました。
今年18歳になる猫は人間でいうと84歳・・それまで粗相もしたことないし叱ったこともありませんでした。

それからずっと忘れたかのように思えていたのに
昨日の夕方 何か頂戴 と甘えてくるのをあやしていたら なにやら 玄関の隅っこに 怪しいものが・・・ もしかしてあれは うんち? ヤギのうんちみたいなのがありました。
主人がどれどれと立ち上がって行くと その時点で威嚇の声をあげつつ自分のベッドの陰に隠れたのです。

前と同じように うんちで粗相をしたと 理解して また怒られると思って隠れた

・・・・

うんちの粗相もわかってたということでした
また怒られるって 怒られたときの怖さを思い出したのね

長生きしてきた84歳の猫のたった1回の粗相で怒ったのがいけなかった・・
ジャンプする力もなく踏み台をつかって抱っこされにくるくらい84歳だから若いころのように反撃ができないとわかってるのかもしれない
怒られるまえに隠れた というのを考えると涙がでてきました

これまで飼ってきた猫たちはもっともっといっぱい粗相をしたことや失敗したことがたくさんあったりで当たり前のように思えることだったのに・・

獣医さんが先日の健康診断で ここまで長生きしている猫はなんでも理解してわかっていますよと言っていたのを思い出しました。

これから 信頼関係をまた築かないといけない・・
せっかく グータッチや 頂戴をするようになったのに・・

わが身に置き換えて 84歳で粗相をしたときに怒られないようにと隠れるのは辛い・・・