終活をされた生徒さんは

前に教えていた生徒さんが、90歳になるのでいらないものを整理するというので
ノートパソコンを預かりリサイクルマークもついているのでと処分しました

処分前に一応バックアップを取りましたが、日記が私が教えてからの4年間とその前と合わせて9年分ありました
パソコンからだしてないだろうな とおもい印刷をして 写真もまとめて印刷をして渡すことにしました

日記には 認知症になったご主人のことを少しでも普通にしていようと
だれにも言わずに 家で暴れる様子を書いてありました
たくさんいた猫たちも 高齢で亡くなっていたり 行方不明になったのを書かれてありました

余計なことかな と 届けてみたら ご主人は亡くなっていました。

印刷した日記を見せたら 泣いちゃうじゃない と言ってましたが
これからは 周囲に甘えることと たくさんの方に助けていただくことを恥じないでと話しました

お子さんのいない夫婦が 90歳まで一緒に生きてきて 今 一人になった彼女
日記や写真をみて 猫たちやいろんなことを思い出しても 辛いだけかもしれない・・と思いました

 

でも 今日 電話があって 「先生、 食パンが膨らまないのよ どうしてよ 」と あいかわらず なので 少し安心しました。